1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 美容
  4. 正しいワキガ対策でワキガの悩みから解放されよう!

正しいワキガ対策でワキガの悩みから解放されよう!

美容
この記事は約 7 分で読めます。 182 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
ワキを気にする男性

身近な人に顔を背けられたり、何故か避けられたり距離を置かれる気がする、そういった場合はワキガを疑えます。
ワキガは腋が独特な臭いを発する症状で、臭いの種類と強さに特徴があります。
また本人自身は気が付いておらず、どんな臭いか分からなかったりワキガの判断や治療が遅れるケースも存在します。
本能的に避けてしまう臭いでもあるので、必然的に距離を置かれる結果に至ります。
これは本人にとっても周囲の人にもマイナスの事態ですから、早めに気が付き対処してワキガから解放されることが重要です。
シャツが脇汗で変色する、あるいは距離を置かれるなどに思い当たる節があれば、チェック項目を確認してワキガを疑ってみましょう。

ワキガの原因とは

ワキガは遺伝性の症状で、正式には病気ではありませんが、悩みの程度によって病患と認定されます。
更にそう認められた場合は、時に対処の必要性が高まったり薬や手術による治療の対象となります。
症状は遺伝による部分が大きいですから、程度が増すと自力で根本的に解決するのは困難です。
しかし臭いを強める汗や雑菌の繁殖に関しては、間接的な対処法ながらも対応できる部分が少なくありません。
加えて具体的なワキガの原因には、汗を発生する汗腺の一種アポクリン腺を挙げることができます。
全身に分布するエクリン腺に対し、アポクリン腺は腋や股など体の一部に限られるのが特徴です。
エクリン腺から出る汗は無臭ですが、アポクリン腺はタンパク質や脂質それに糖質を含みます。
腋に棲む常在菌がこれらを分解しますから、汗を掻いたりすると臭いが発生するわけです。
しかも皮脂と混ざり合うわけなので、その臭いは独特なものとなって強烈さを増します。
ワキガの程度は、このアポクリン腺が腋にどの位存在しているかでほぼ決まります。
つまり生まれつきアポクリン腺の数が多い人は、ワキガになる可能性や程度が強まる恐れがあるということです。
ただ、臭いが軽微だとワキガでない場合も多く、案外本人の気にし過ぎでワキガと思い込んでいるケースもあります。

 ワキガの臭いのタイプ

ワキガには複数の臭いのタイプがあるとされています。
一般的には玉ねぎや鉛筆の臭いに例えられますが、強烈な場合は例えがたい臭気がします。
酸っぱい臭いはワキガ臭の代表で、肉体的に疲れて乳酸が溜まっている人は、乳酸を含む汗が空気に触れることによってこの臭いを発します。
酢のような適度な酸っぱさというよりも、漂って何時までも鼻に付く特徴的な臭いです。
もう一つは生乾きの雑巾に例えられる臭いで、衣類が汗で湿っている時に発生します。
汗が乾きにくくなる湿った空気の季節では、この雑巾臭が発生する可能性がとても高まります。
鉛筆もワキガで良く例えられる臭いの一つで、電車などで案外鼻にすることがあります。
これはワキガの程度が弱い人にありがちで、独特でも薄く臭う場合は判断基準として微妙な所です。
ただしハッキリと鉛筆臭がすれば、その人はワキガの疑いが強まることを意味します。
玉ねぎ臭は曖昧な酸っぱさとは違い明らかに玉ねぎだと分かります。
香辛料的な刺激と捉える人もいますから、感じ方は実に多様だといえます。
例外としてチーズの臭いはスソワキガの人に多く例えられます。
腋よりも汗や汚れが溜まりやすい部分なので、強烈なチーズ臭の人はスソワキガ、または腋のワキガも併発している人と考えられます。

 ワキガのセルフチェック方法

セルフチェックでワキガを確認するには、本人や家族を見て確かめる方法があります。
両親や祖父にワキガの人がいれば、体質的には本人も遺伝している確率が高いので、信憑性の優れる判断基準の一つとなります。
次に本人の耳垢が湿っているタイプなら、ワキガ体質を遺伝で受け継いでいる可能性が濃厚です。
所がこれだけではまだ判断できないので、もっとチェック項目を加えて確認することが必要です。
衣服や下着の腋部分が脇汗で変色するか否か、脇毛の量が多く汗を掻きやすいかどうかも判断に役立ちます。
前者はワキガ臭の原因物質が多い証拠で、後者は臭いを増長させる要因の一つの現れです。
また女性であれば太くしっかりとした脇毛が生える、男性なら広範囲に生える傾向もワキガ体質の判断を助けてくれます。
脇毛に白いフケのような物が付いている場合は、粘度の高い汗が発生しています。
汗がサラサラではなく、タンパク質や脂質などを多く含んでいる根拠となるでしょう。
人に距離を置かれると感じたり、臭いが気になり出した時期が思春期あたりなら、ワキガ体質の懸念は増して強まります。
腋に鼻を近付け、実際に嗅いで刺激臭を感じなくとも、以前より汗臭さの性質が変わっていれば同様に疑えます。
セルフチェックはあくまでも可能性の判断材料に過ぎませんが、受診を判断したり検討する切っ掛けとなります。

 軽度から中度のワキガ治療

軽度から中程度のワキガ治療は、脱毛による脇毛であったり汗に対する対処が中心です。
腋の蒸れは臭いを強めるので、これらの要因を取り除いて臭いを防ぐやり方です。
対症療法ではありますが、医療機関で中程度までのワキガと判断されれば、手術をしなくても臭いを防げる可能性があります。
ワキガの原因はそのまま残るものの、入院したり切らなくても良いのは嬉しいポイントです。
具体的な治療内容は、ワキガの正しい認識や臭いが発生するメカニズムの説明、そして臭いを防ぐ効果的なやり方の指導が中心です。
症状によっては汗を抑える薬が処方されたり、雑菌の繁殖を食い止める塗り薬も出ます。
初歩的な対処でワキガ治療が行えるなら、その人は中度以下の症状だと判断可能です。
逆に中度かそれを超える場合は、レーザーを使った外科的な治療法の出番となります。
レーザーなので痛みは気になる懸念事項ですが、近年は発生する痛みが小さく傷跡も目立たない進化を遂げています。
重度に近い症状に対応するレーザー治療もあるので、期待感の高い悩み解消の選択肢となるでしょう。
何れにしても、ワキガ治療は症状の深刻度が高いほど専門性が問われますから、セルフチェックで疑ったら受診することが大切です。

 中度から重度のワキガの治療

中度以上で重度のワキガ治療となればその内容は大きく変わります。
重度のワキガにもレーザー治療は存在しますが、こちらは表面を焼くというより根こそぎ削り取るイメージです。
アポクリン腺を腋から取り除いてしまうので、臭いを防ぐ効果は想像以上です。
治療の費用は一般的なレーザーを上回りますが、効果の高さから採用するクリニックが増えたり、選ぶ人も増加しています。
反対に従来からある治療法としては、メスでアポクリン腺を切り取る摘出法が挙げられます。
医師が目視でワキガの原因アポクリン腺を判断するので、取り残しが発生する懸念が小さい方法です。
傷跡の目立ちにくさはレーザーに劣りますが、効果は半永久的に続くことから、重度のワキガに悩む人の心強い治療法となります。
患部を切るかどうかの判断は、受診して現在のワキガの程度を確認したり、医師と話し合って決めることが不可欠です。
切るのはやはりそれなりのリスクがありますし、切らなくても済むケースは多いので、腋の臭いが気になるからと手術の必要性を安易に判断するのは早計です。
まずは客観的にワキガの程度を見極め、それから悩みの大きさを天秤に掛けて、手術するかどうかの判断を行うのが得策です。

 まとめ

ワキガの程度はワキガに悩む人同士でもかなり違い、どんな臭いと聞かれて浮かぶ印象も様々です。
人によっては思い込みでワキガだと決め付けていたり、本人は気が付かないまま周りがワキガと判断する場合もあります。
正確な判断には医師の受診が欠かせませんから、悩みがあるなら勇気を出して受診を行うことが肝心です。
本人がワキガに気が付いていれば解決、解消が実現する可能性は十分にあるので、デオドラント剤で対処が難しければ医師に相談しましょう。
これで正しいワキガの判断ができますし、臭いを防ぐ具体的な治療の選択肢も分かるので、悩みから解放される結果が得られます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Kurashitize-クラシタイズ- ライフスタイル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ワキを気にする男性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Kurashitize-クラシタイズ- ライフスタイル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介紹介 ライター紹介一覧

kurashitize 編集部